セフレを作るのは夫婦円満のためという人もいれば、その逆の人もいます。
つまりセフレを作るのは、離婚のためという人です。

離婚をしたいのであれば、再婚目的で真剣に恋人を探した方が?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。

ですが不倫をして離婚をする事は決して得策とは言えません。
離婚の原因が不倫の場合は女性でも夫に対して慰謝料を支払う必要があるケースだってあります。

それに本来は離婚によって夫婦は財産分与を行うわけですが、妻に非がある場合は財産分与がもらえない可能性があるからです。

夫婦共働きで、離婚をしても自立する事が出来るという女性であればいいですが大半の女性はそうではありません。
専業主婦やパートの稼ぎだけでは自立をする事が困難で、30~40代に突入してから正社員を目指すのはかなり厳しい状況だと言えます。

では先ほど言ったセフレを作るのは離婚のためというのは、どういう意味なのでしょうか?
実は自立出来ない状況だからこそ、離婚をする前に自立できる段取をつけておくわけです。

そしてその自立の段取の際に枕営業としてセフレを作ります。

枕営業という言葉自体は聞いた事がある人も多いでしょう。

ですがそれってグラドルやアイドルが仕事を得るためにプロジューサーなどの偉い人とセックスをする行為で一般人には関係ない。

そんなふうに思うかもしれません。
しかし一般人だって、表沙汰にならないだけで枕営業は行われています。

例えば営業でたくさん自社の商品を注文してもらう際に担当者と枕営業をしている人もいるでしょう。
また人事採用の際に枕営業をして自分を選んでもらうという人もいます。

つまり仕事で権力を持つ人とセフレ関係になれば、仕事を得る事が可能だという事です。

ある意味コネを作る、そう考えるといいでしょう。

ですが男性の中には若い女性よりも自分と同世代の落ち着いた女性を愛人にしたいと思う男性もいます。
そういう男性を愛人にすれば、すぐに自立できるだけのお金を報酬金額でもらえるかもしれません。

つまり専業主婦で離婚をしたいけれど、離婚をしてしまうと経済的に不安があるから破綻している結婚生活を我慢して続ける。
そんな人はセフレ掲示板を利用して、その突破口になる相手を探してみたらその後の人生は大きく変わるかもしれませんよ。

http://xn--u9j9hyc6du56vr3gsijo0hf76bnq1d.xyz