あなたは不倫パートナーとして出会った相手とセックスをする時にキスはしますか?
女性の中にはセックスはしてもキスはしないという人も少なくありません。
それはセックスよりもキスの方が特別なモノでキスは恋人としかしないと考えているからです。

ですが不倫パートナー専用の掲示板を利用する目的は気持ちがいいセックスをするためですよね。
それならキスはしないと変なところで恋人に操を立てるよりもキスもするべきだと言えます。
なぜかというとキス込みのセックスの方が何倍もセックスが気持ちよくなるためです。

まずキスは女性からでも積極的に出来る愛撫の1つです。
正常位など体位によっては女性からキスする事は可能です。
気持ちがいいキスをされると男性も感じますし女性自身も気持ちよくなれるはずです。

キスをする時はちょっと焦らすのがポイントです。
すぐに口にキスをするのではなく少し唇からズラしてキスしたり相手の唇を軽く舐めてみて下さい。
キスされると思ったされないと快感や興奮が高められるので相手を翻弄させましょう。

またキスの場所が固定されていませんか?

キスは唇や耳、首筋などの定番の場所にしかした事がないという女性も多いかもしれません。
ですが手先や指、おへその周りやまつげなども実は性感帯です。

あと男性器へもキスから始まりフェラに発展させるといいでしょう。
すぐに銜えてもらえずにキスされる事でフェラへの期待感が高まります。
いろんな場所にキスをして相手の感じる部分を見つける事がセックステクニックの上達に繋がっていきます。

キスの中でもディープキスはより快感を得る事が出来るキスです。
またディープキスはキスをする時間が長いためキスをしながら他の事も出来ます。

例えばディープキスに没頭している間に気づけば裸になっていた。
そういう手際の良さはセックスの流れが中断しなくていいですよね。
コンドームなども中断して付ける男性がいますがセックスの流れの中でスムーズにつける練習をしておきましょう。

あとディープキスをする時に手で乳首やクリトリスを愛撫すると気持ちいいが倍増されます。
しかも息遣いで相手がどれぐらい感じているのか分かるので愛撫をしている方も興奮します。
またディープキスをしながら勃起した男性器を女性に押し付ける事も効果的です。

これぐらい興奮しているすぐに抱きたいというアピールになりますよね。
不倫パートナーとして出会った相手とはキスをしないと決めつけているのは勿体ないと言えます。
なぜならキスは指よりも繊細で確実に気持ちよく出来る愛撫の手段だからです。

相手を探しているなら不倫パートナーが探せる掲示板があります。