こう書くのもなんですが、神待ち女性というのは『いい意味で気を遣わなくてもいい相手』ですから、無理にいかせる必要はありません。

相手が恋人や妻なら満足させる必要性もあり、ときには『ノルマをこなすかのようなセックス』になるかもしれませんね。

その点、神待ち女性が相手なら「家に泊めてあげたから、セックスをさせてもらおう」と考えられるため、いかせるかどうかはさほど重要ではありません。

あまり愛撫が好きではない男性は、恋人ではなくこういう相手と遊ぶほうが気楽でしょう。

ただ、真面目な男性は「相手が神待ち女性でも、ちゃんといかせないと!」と考えるかもしれません。

そして相手を満足させるのは決して悪いことではなく、むしろ男性としての魅力をアップさせるチャンス…かもしれませんね。

気楽にセックスができる相手ということは、『いかせるための練習』といった感覚でも遊べます。

恋人相手だと練習でセックスするのもアレですが、お泊まりのお礼としてセックスさせてくれる相手なら、多少の失敗があっても怒らないでしょう。

そして「今はまだ、相手をいかせられる自信がない…」という人は、私になりに『女性を満足させる方法』について書いていきますので、それらを参考に頑張ってください。

神待ち女性をいかせることができたら、恋人や妻ができたときも安心ですよ。

最初にもっとも効果的な方法を書いておくとしたら、『クリへの愛撫』ですね。

女性のクリトリスという部位はとてつもなく敏感で、それこそ中よりもずっと感じやすいです。実は女性って、中だけでいける人は少ないんですよね。

ただ、クリは敏感な分、刺激が強すぎると痛みを感じます。なので愛撫するときは舌を使うのがオススメで、ときにはクリ以外を舐めてみると、いい刺激を与えることができますよ。

迷ったら、『クリを舐める』と覚えておきましょう。

そして女性は気分によって感じやすさが変わるため、すぐには脱がさずにキスをしたり、まずは服の上から触ってみたりしてください。

こういう『気持ちいいけど満足できない刺激』を最初にじわじわと与えておくことで、気分がかなり盛り上がるでしょう。

女性向けのAVではこういう焦れったいシーンが多いものの、それは女性を興奮させることの証左でもありますので、それらを参考にセックスの流れを作るのもいいでしょう。

神待ちをしている女性をいかせれば相手も喜びますし、そうなるとこっちのして欲しいことも受け入れてくれやすいから、頑張ってくださいね。